生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

「残業代、出ない」は違法です。正確な知識と請求方法を覚えましょう❗️

2018年12月09日 [ 会社都合退職 残業未払い 社会問題 自己都合退職 雇用問題 ]
Pocket
LINEで送る

今働いている会社の
残業代は、

きちんと払われてますか?

 

多分、「もらってない」

このような返事が

ほとんどだと思います。

 

今回は、

残業代未払いの事に関して、

詳しく知っていただきたく、

 

この記事を読んでいただいて、

いざその時になったら、

 

「残業代未払い」

 

請求出来るように、

しましょう。

 

「あれ、そういう事、

前のせてたよ。またやるの?」

 

そういう人もいるでしょう。

確かに、以前、

 

会社の辞め方から、再就職までの、

ありとあらゆる事に

関しての、自分の場合の対応策を、

述べさせていただいた

記事がありました。

 

でもその時は、

 

書いてない事もあったので、

あの時の事も含めて、

もっと詳しく、

述べさせて頂きます。

 

電車通勤の方、

ゲームしている場合じゃ

ないですよ。

 

会社昼休みの時に、

昼食後に、

昼寝所じゃないですよ。

 

家帰ってから、テレビみて、

あははと、笑ってる場合じゃ

ないですよ。

 

この時代、

「明日は我が身の世の中です」

 

いつ会社を辞めさせられるか

わからないのです。

 

いつ辞めてもいいように、

その一貫として、

 

「残業未払い請求の、

正しい知識を身につける」

 

という事をしませんか?

 

まずは、読んでください。

スポンサーリンク

入社時に言われる、よくあるパターン

面接時、入社時によく言われる

パターンとしては、

 

「うちの会社は、残業代は出ない」

 

「残業手当はでるが、定額で、

それ以上は出ない」

 

「年俸制だから、残業代出ない」

 

こういった言葉ですが、

会社での決め事であって、

 

労働基準法では、

許されません。

 

労働基準法では、

よく耳にする言葉です。

 

「週40時間制」

 

基本、月曜日から金曜、

「8時出勤、5時退勤」

又は、

「9時出勤、6時退勤」

 

又は、午前、午後に、

それぞれ、

「休憩15分入れる」

会社もあるので、

「その分退勤が遅くなる」

 

この様にしている会社は

あります。

 

また、

 

「休みがすくない。」

(月6回だけ)

(日曜日だけ)

という会社も、残業未払いです。

 

又、中小零細企業で

働いている皆さん、

(特に卸売業で働いている方)

 

次の日の配達分、

全部作らないと、

帰れない、という業種の方、

 

(特に生物を扱っている業種の方

何日も前からの作りおきが

出来ないので、

その日に全部やらなければ

ならないという事で、)

 

残業代は、

どの様になってますか?

 

多分、

見なし残業だと思います。

「残業手当」でいくらの

定額だと思います。

 

間違いなく、

残業未払いがありますよ。

 

一番わかりやすい例です。

ケーキ屋にお勤めの方で、

一番忙しいクリスマス。

例えば、毎日、

朝8時出勤が、

クリスマス近い、

23、24、25日、

社長から、

「朝6時から出勤してください。」

 

といわれました。

けど、その分の

残業代はありませんでした。

 

または、毎月の「残業手当」

に含まれてあるから、

この、今日の分では、

特別残業代はないよ、

と、社長から言われました。

 

会社で、そう指定しても、

法律は、

残業未払い、となります。

 

是非一度、

残業未払いに関して、

 

「自分の場合は、

どうなっているか?」

 

きちんと見つめてみませんか?

 

損はありませんよ!

 

「多分、たまっている」

 

という方。

「会社をやめたばかりで、

残業未払い請求しよう、

とお考えの貴方。」

 

収穫の時がやってまいりました。

大収穫祭ですよ。

(残業未払い徴収)

遠慮しないで、

残業未払い、

徴収しちゃいましょう❗️

スポンサーリンク

まず、在職中にやる事

まず、今の会社が、

 

ハローワーク、求人からの

就職であれば、求人表を探し、

見つけたら、保管しておきましょう。

 

もしなければ、平日もしくは、

土曜日に、職安に行って、

今勤めている会社での、

求人があった場合、

とっておきましょう。

 

また、今働いている会社からの、

「就業規則書」があれば、

一緒に保管しましょう。

 

後は、給料明細です。

 

今の所、過去2年まで、

請求できます。

 

過去2年分の給料明細、

探して、ある分、

とっておきましょう。

 

そして、法で定められているのは、

週40時間労働であり、

それを越えたら、残業代は、

払わなければなりませんが、

 

あなたはどうですか?

 

自分はどうだろう?

 

と考える人はいても、

長い時間、考える人は

いないですね。

 

多分、残業していても、

残業代がはらわれている人は、

少ないでしょうね。

 

日本中、ほとんどの人が、

払われてないでしょうね。

 

ですから、

会社で、タイムカードを

押した時間、(出勤)退勤の

タイムカードを切った時間、

 

毎日ノートに書いて

おきましょう。

 

本当は、

タイムカードの

コピーがあれば良いんですが、

難しいですよね。

 

※事務所には常に、社長や、

社長夫人、または、

経営者一族の誰かがいる。

 

または、誰か重役の人がいる為、

タイムカードコピーすると、

怪しまれる為。

 

その様な理由から、

タイムカードコピーや、

タイムカード写メを撮る

のは、難しい。

 

 

ですから、

メモでいいでしょう。

 

ここまでが前準備

になります。

スポンサーリンク

 

残業未払い金請求は、在職中か、退職してからすべきか?最適な方法は?

在職中に、

 

「残業未払いを請求したい❗️」

 

と行動したいあなた。

 

お金の事だけでなく、

 

「会社として、社員の管理について、

考え方を、改めてほしい。」

 

そう思いながら、

行動を起こすべきです。

 

ですが、

 

「残業未払い請求を、

起こす行動」

 

これは簡単ですが、

 

その後は大変です。

 

その様な会社は、

ほとんど一族経営です。

 

残業未払い、請求したら、

 

まず、社長からは、

冷たく接してくるのは、

間違いないと思います。

 

嫌がらせをうけるのも、

覚悟しなければなりません。

 

業績がいいのに、

ボーナスが、他の人は、

それなりにもらっているが、

 

自分だけ、

「寸志程度だった」

 

そのような事も、

覚悟しなければなりません。

 

また、会社を辞めたとしても、

 

新しい会社で、

「人間関係になじめない」

「仕事に馴染めない」

 

などの理由で、

辞めざるを得ない、

 

可能性も在ります。

 

その点、

会社退職後の請求は、

 

会社の義理もなくなるので、

言いたい事も言えますし、

 

という事で、

残業未払いは、

会社の退職後が、

のぞましいです。

スポンサーリンク

 

労働基準監督暑に、残業未払いを請求した場合

先程の通り、

退職後の場合に絞って、

話を進めます。

 

この場合は、

まず、請求額は、

自分で計算しなければ

なりません。

 

そして、

会社に送る書類は、

自分で作り、

電子郵便で、

送る事になります。

 

在職の場合も同じ様です。

 

会社に在職中に、

労働基準監督暑に

通報にいきました。

 

「あなたは、会社側に、

残業代を払う様、

お願いはしましたか?」

 

と言われる様です。

 

自分でまず、行動して、

それで駄目なら、

労働基準監督暑は、

動く事になりますが、

やはり、在職中に

 

「未払い残業代支払って下さい。」

 

なんて、中々言えませんよね。

 

先程の話の

つけ加えになりますが、

 

まず、提出書類として、

 

「タイムカード写し」

これは、無理でしょうから、

「出勤・退勤のメモしたノート」

 

この他に、

前に述べた通り

「給与明細」

「応募時求人表」

「就業規則書」

この3つは、

とっておきましょう。

 

そして、労働基準監督暑

にいきました。

 

これまでの経緯を、

タイムカードの写しや、

求人表を見せながら、

話しました。

 

 

給与明細をみせて、

会社の独自的な部分の所

「~手当とか」

を説明しました。

 

そして、労働基準監督暑に、

会社に、

 

「立ち寄り調査をしてほしい」

胸を、述べてください。

自分1人だけ残業未払いが

出る様に、お願いする事も、

可能です。

 

そして、この場合は、

自分の名前を、

会社に公表する訳ですので、

会社への、立ち寄り調査は、

労働基準監督暑に

通報後、2週間位と

なっています。

 

労働基準監督暑職員が、

会社に、立ち寄り調査に

きました。(申告監督)

 

調査は、

過去2年間まで

さかのぼって、

タイムカードと、

給与明細とみて、

残業代が、支払らわれたか?

をみます。

 

これで、支払われてない場合、

「是正勧告書」

の提出が求められます。

 

これは、強制では

ありませんが、

 

「労働基準監督暑の手前」

という訳で、

 

ださざるを得なくなります。

 

そして、自分は、

「残業未払いの請求書」

は、自分で書く事になります。

 

残業未払いはいくらか?

どうしてこの額になるか?

いつまで払ってほしいか?

 

などです。

ここで、皆さんは、

「労働基準監督暑で、

金額計算や、

会社に支払せる交渉は

やってもらったないの?」

 

そう思うでしょうが、

労働基準監督暑は、

やってもらえません。

 

何故なら、

国の機関は、法律上、

 

「民事不介入」

だからです。

 

ですので、会社との交渉は、

自分でやらなければなりません。

 

その代わり、

労働基準監督暑は、

 

1度目の

立ち寄り調査で、

残業未払いを支払って

もらえなかった場合、

2回目、3回目と、

立ち寄り調査にいきます。

 

何度行っても、

残業未払いが支払わない場合は、

 

書類送検、

会社を公表、

社長を逮捕

となってしまうのですが、

 

ここまで

やる労働基準監督暑

もあれば、

 

その労働基準監督暑

の職員次第では、

あとこれ以上は、

自分でやって下さい、

と、終了にする

所もある様です。

 

しかも金額の交渉は、

自分でやらなければ

ならない、

 

このような点においては、

デメリットですね。

 

支払われるまでは、

(金がかからない

メリットはありますが)

 

そうなると、やはり、

 

「弁護士にお願いする」

事になります。

スポンサーリンク

弁護士に、残業未払いを、お願いする場合

まずは、

コンタクトをとっている

弁護士事務所にいきますが、

初回相談で、5000円、

必要になります。

 

その他、持って行く物は、

上記に、あげた

 

「タイムカード写し」

「求人表」

「給与明細」

「就業規則」

「離職表」

などです。

向こうで、コピーを、

とってくれます。

 

一連の事で、話をして、

話がまとまれば、

次回くることになります。

次回までに、弁護士が、

「残業未払い計算」

と、自分の、

弁護士に対しての支払い額を

見積ってくれます。

 

「弁護士に対しての支払い額」

 

に関しては、

「法テラス」

でお金を建て替えて

支払ってもらえる制度も

あります。

 

そういう弁護士事務所を

使いましょう。

 

 

2度目には、

きちんとした

請求額や、

会社に対しての書類、

などが出来ます。

 

それを見ます。

 

自分がokを出したら、

弁護士が、会社に

書類をポストに投函します。

(これが一連の流れであり、

微妙に違う事もあります。)

 

その後は、

会社側か、

会社委託の弁護士から、

連絡があったら、

 

「支払う考えがある」

 

そう思って大丈夫です。

 

後は、

自分の頼んだ弁護士が

やってくれます。

 

自分の方でやるべきは、

ポイント所で、

「途中経過」

を、教えてくれますから、

そこで、自分の伝えたいこと

を弁護士に伝えれば、

あとはやってくれます。

 

という事です。

 

どこの弁護士事務所に、お願いすればいいの?

いろいろ弁護士事務所

があります。

 

知り合いの弁護士がいる方は、

 

そちらを使えばいいですが、

もし、弁護士事務所で、

お困りの方は、

ここを頼むと良います。

私はこの事務所とはかかわり

無いですが、ホームページをみて、

わかりやすく、

いろんなことがかかれて、

全国対応だそうですので、

おすすめとさせていただきます。

 

残業代バンクさん

(法律事務所テオリア)

ここを推薦します。

 

こちらさんでは、

残業未払い請求額も、

他の弁護士事務所よりかは、

請求実績もちがう様で、

かなり期待できそうです。

 

 

ここで、大事な事は、

「会社が倒産した場合、

残業未払いはどうすればいいか?」

 

この事が、書かれてあり、

この項目だけは、

残業代バンクさんの

ホームページで見て

いただきたく、

よろしくお願いします。

 

残業未払い請求は、2年から、5年に。

今の残業未払い請求は、

2年ですが、2020年4月1日に

施行予定の民法の改正により、

5年になる可能性があります。

 

厚生労働省が、この計画を

「労働者保護」の観点から、

進めているのです。

 

すごいですねえ。

ブラック企業に働いている

皆さん、報われる時がきました。

今まで国は、「庶民泣かせ」

な事をやってきましたが、

たまには庶民を喜ばせる事

をやってくれるんですね。

 

残業未払いが5年ですよ。

笑っちゃいますね。

5年ですよ。5年。

もうずっと、このことば、

下の下まで書き続けたいです。

 

欲しい物が帰る所じゃあ

ないですよ。

 

会社を、起こす能力がある方、

十分できるんじゃないですか?

 

国内旅行所ではなく、

海外旅行ですよ。

 

子供さんに、

ひとつでも良い教育を、

受けさせる事もできます。

 

高級車も買う事ができます。

 

女性の方。

高級ブランドバック所

じゃ、ないですよ。

 

ローン返済にも、

十分に手助けになりますね。

 

いきなり、

こんな大金が入ったら、

笑ってしまいますね。

3日間位笑ってしまいます。

 

ガッツポーズですよ。

 

いやあ、凄いですねえ。

 

この様になります。

今、会社を辞めようか?

その様にお考えのあなた。

民法改正、施行まで、

待つことができるなら、

退職時期を待ってみませんか?

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回の記事は?

 

ためになりましたか?

「残業代未払いが入ったら」

 

って考えたら、

凄い事なりますね。

でも、お金がはいったから

と浮かれて、

使いすぎは駄目ですよ。

なんかのCMでありました。

「ご利用は計画的に」

ですね。

よろしいですか?

「お前に言われたくない?」

これは、失礼しました。

という事でついでに

、失礼しました。(笑)

という事で、以上で、

この記事の締めくくりと、

します。

 

この記事にお付き合い頂き、

ありがとうございました。


職場のトラブルランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。