生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

政治家の面白い失言桜田義孝編。何故その言葉がでたのか?にも追及する

2019年10月22日 [ 名言集記事 ]
Pocket
LINEで送る

皆さんこんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

 

「政治家の失言記事編」

今回は、今までの議員3人よりは、

 

それまで有名ではなかったのですが、

大臣になることで、メディアに

出る回数も増え、失言をすることで?

有名になってしまった方です。

桜田義孝元五輪担当大臣の失言記事です。

 

大臣としての命とりになった、

あの言葉についてもとりあげます。

 

是非、最後まで、お付きあいください。

 

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

・関連記事

鳩山邦夫失言記事

麻生太郎失言記事

森喜朗失言記事

 

桜田義孝とは

・生年月日 1949年12月20日

・出生地  千葉県柏市

・学歴    明治大学

 

千葉県柏市議会議員(2期)、

千葉県議会議員(1期)を経て、

1996年の衆議院選挙に出馬し、

初当選し、その後連続当選し、

現在にいたっている。

 

学生の頃は、家が貧しかったため、

明治大学の夜間部に通いながら、

昼間は大工として働き、

 

学費を稼いだが、これがいまの基本となり、

25歳で、建築会社、「桜田建設」を起こし、

現在に至っている。

 

スポンサーリンク

「五輪担当大臣」を就任することになった理由

(写真は、東京五輪予算を、1億5000万を、

1500円と発言してしまった時)

 

「五輪担当大臣」に就任する前から、

副大臣や、その他の仕事を無難にこなし、

所属派閥の会長、二階幹事長とともに、

安倍晋三の4期の自民党総裁選に勝利し、

そのへ褒美として、

「五輪担当大臣」を任される事になりました。

 

スポンサーリンク

「ここでボロが出た。桜田義孝の失言特集」

(サイバーセキュリティの事で

質問された時)

 

周囲の「五輪担当大臣」としての期待?

より、

失言としての期待?の方が、表にでてしまったようで・・・。

 

(地元の人は、大臣無理という事は、知っていたようで・・・

鳩山由紀夫さんが総理大臣になるのと同じようなものなのです。)

 

それでは、失言特集参りましょう。

 

池江璃花子さんの白血病に際しての発言

 

スポーツ界、水泳界、芸能界、その他

などで、有名人などからのコメントに際し、

皆、「1人の人間として、病気を治していただき、

元気になって欲しい」

というコメントに対し、桜田さんは、

 

「東京五輪のメダル候補としての、駒としか見ていない発言をして、

国民からの批判、野党議員からの批判が相次ぎ、最終的には、謝罪した。」

 

 

また、桜田義孝は、五輪担当大臣と併用で、

サイバーセキュリティ戦略副部長を兼務しており、

 

予算委員会での、民主党議員からの代表質問で、

 

「日本の原発にもUSBメモリはありますか?」

との質問に際し、

 

「使う場合は穴を入れるらしいが、細かい事は、よくわからないので、

もしあれだったら、自分より、詳しい専門家にこたえさせるが、いかがですか?」

 

どう考えても、この回答は、やばいですよね。

 

「セキュリティ担当」という仕事、

最初は、インターネットの事をわからずに

仕事を引き受けたなら、それはそれでわかりますが、

担当になってから、

 

「サイバーセキュリティに関して、勉強はしたのですか?」

「サイバーセキュリティ担当として、何か仕事はしたのですか?」

 

ときいてみたいです。

 

閣僚の失言や、やらかした事による

総理責任は、かわいそうだと

おもいますが、

 

この自分の担当分野での

この発言は、総理責任です。

 

「官僚任せ」が、

見え見えです。

 

少子化対策の発言として・・・

2019年の猪口邦子参議院議員の政治資金パーティー

でのスピーチで、

 

「お子さん、お孫さんには、最低3人位、

子供を産んでほしい」とお願いしてもらいたい」

 

と発言し、のちに、不適切な発言だったと謝罪している。

 

今は、女性の社会進出や、バブル期とは違い、

収入も減ったりして、男性の結婚の機会の減少、

などから、なかなか出生率も下がり傾向です。

 

こういったことをしっかり理解した上で、

国会議員としての活動をして、

効果をだしてから、

そういったことを言え、

と言いたいですね。

 

女性なんかは、

「じゃあ、お前が子供三人産んで、育てろ!」

と思っているのではないのてしょうか?

 

 

その他、蓮舫さんを、国会の代表質問で、

 

「れんぽうさん」

と3回も行ってみたり、

 

パラリンピックを、パラピックと言ってみたり、

 

もう、はっきり言って、

 

「あなた、大丈夫ですか?」

と言ってみたい感じですね。

 

「大丈夫では、ないですね~」

と言われてしまうのですかね?

 

「俺は大丈夫だよ」

と言っても、ちょっと問題ですね。

 

安倍総理も、ずっと桜田さんを構ってきましたが、

とうとうあの有名な発言が生まれてしまいます。

 

次に進む前に・・・

恒例になりました、このコーナーです。

 

休憩という事で・・・~ティータイム~

(ティータイムとしての画像で、

桜田さんには、似合わないですね)

 

さあ、今回は、皆さんのな中には、

じんましん体質の方も多いのではないでしょうか?

 

自分もいままで、じんましん体質だったのですが・・・。

 

ところがここ10年位、

じんましんがでなくなってしまい、

じんましんの出ずらい体質に変わったのです。

その事に関連した記事を、取り上げます。

 

ここをクリック

 

という事で、本題に戻ります。

 

スポンサーリンク

五輪担当大臣、更迭になったあの発言

(大臣更迭になってすぐの桜田氏)

 

やはり、極めつけはこれですよね。

 

2019年4月9日、岩手県の高橋比奈子

衆議院議員のパーティーでの挨拶で、

 

復興以上に大切なのは、高橋さんですので、よろしくお願いします。

 

という有名なセリフです。

 

これはどう考えても、まずい発言ですよね。

 

国民あっての国会議員な訳で・・・。

 

昔、田中角栄も、演説で、

「自民党がなくなっても、国民の皆さんが

大丈夫であれば、それでいいんですよ。」と発言し、

 

小泉純一郎も、

「自民党をぶっ壊してでも、改革を進める」

と発言したわけですが、

 

桜田義孝は、その逆の事を言ったわけで・・・。

 

この発言の2時間後に、大臣を辞めさせられ、

出世レースからは、外れてしまいましたね。

 

という事で、お粗末様でした。

 

という事です。

 

スポンサーリンク

最後に(この記事のまとめ)

いかがでしたでしょうか?

今回の記事は?

 

大臣から離れてからは、

 

「俺は失言なんかしたことはない」

と自分が主催したパーティで述べ、

まったくわかっていない、という事を

思わせる発言がありましたが、

 

以外なことに、桜田さんは、意外に

人気があるのです。

 

これだけ失言があるのですから、

地元からも、見放されているのかな?

と思いきや、地元での参議院選挙の

立候補者応援演説の中で、

河野太郎さんが、応援演説できているにも関わらず、

 

桜田義孝のもとに、詰め寄り、

携帯まちうけや、記念撮影などしていたそうです。

以外にも、人気がるのですね。

 

ですが、失言、気を付けてくださいね、

と言っても、そういう性格ですから、

難しいでしょうね。

 

今後のご活躍をお祈りいたします、

という事で、この記事の締めくくりとします。

 

今回も、最後までお付き合いいただき、

有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。