生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

政治家の面白い失言特集編。森喜朗編。何故その言葉が出たか?にも追及する

2019年10月15日 [ 生活のワンポイント 自民党 ]
Pocket
LINEで送る

皆さん、こんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

 

この記事では、

元内閣総理大臣・

 

東京オリンピック、

パラリンピック会長・森喜朗さんの

失言特集記事とさせていただきます。

 

この方の失言も凄い。

 

是非、最後までお付き合いください。

 

よろしくお願いします。

 

この記事に関連して、

その他の失言記事もあります。

是非、クリックしてください。

 

麻生太郎の失言記事

鳩山邦夫の失言記事

スポンサーリンク

森喜朗とは

(総理就任時)

 

生年月日 1937年7月14日

出生地  石川県能美市

(当時能美郡根上町)

 

出身校  早稲田退学商学部

 

現在

東京オリンピック・パラリンピック

競技大会組織委員会会長 その他

 

国会議員として

 

第85、86代内閣総理大臣

2000年う月5日~

2001年4月26日

 

建設大臣、通算大臣、文部大臣、

自民党幹事長、

森派会長(現在の細田派)

などを歴任

 

スポンサーリンク

どんな失言があったか?

1988年4月3日、京都市でのパーティーでの発言

 

大阪人は金儲けに

ばかりはしり、

公共心も選挙への

関心もなくした。

 

言葉は悪いが、たんつぼだ」

 

と発言しました。

 

この時、何故、この様な発言が出たかか?

その時の時世はよくわかりませんが、

 

「金儲けばかりはしり、

公共心も選挙の関心もなくした。」

という言葉も悪いですが、

「たんつぼ」

という発言も、ひどいです。

 

たんつぼとは、今は使いませんが、

唾液やつばをいれるための容器です。

 

しかし、京都市でのパーティーで、

こんな隣県の事を、こんな失礼な事を、

よく言えたなあ、

と思いますが・・・・。

 

1995年の自民党幹事長時代での発言

当時は、「自民党と社民党とさきがけ」

この連立内閣で、

社民党党首で、

内閣総理大臣の村山富市さんが

述べた事を、

幹事長だった森さんは、

 

「過度的内閣には限界がある。」と漏らしている。

 

そう述べたそうで、これを受けて、

マスコミは、「首相、退陣意向を漏らす」と報道し、

大騒ぎになり、連立政権から、

批判を受けるが、

 

当の本人は、

俺は、そんなこと

言ってはいない。大変つらい、

大変な仕事だ」

といっている。

そう述べましたが、

 

こんな事いったら、マスコミは、

内閣退陣か?

となります。これでは、

 

党内をまとめ、内閣を内部から

まとめなければならないはずの

自民党幹事長が、

まとまりを乱す様な事を

いっているようでは、

駄目ですよね。

 

 

えひめ丸沈没事故に関して

 

ゴルフ中に事故の報告を受けましたが、

ゴルフを続け、批判する記者達を、

 

「ゴルフをやって

何が悪いんだ」

 

と一喝しました。

国民からも、批判の声がありました。

(大きな事故が起きたんだから、

ゴルフ所でなく、官邸に戻って

仕事しろ、と))

 

スポンサーリンク

森喜朗氏、ずっこけてしまいそうな失言編

・森政権の目玉、IT革命の事を、

イット革命

 

・日米首脳会談の際、クリントン大統領に、

「How are you?」

(ご機嫌いかが?)

 

という所が、

 

「Who are you?」

(あなた、誰?)

 

といってしまいました。

クリントン大統領は、冗談だと思い、

笑って対応しましたが、

 

単純には、怒鳴られてしまいますよね。

 

島根県沖で、ロシアのナホトカ号から、

重油が大量流出した事件での発言

 

「重油は、山口県や、九州に流れてくれればいい」

 

これは、山口県の人や、九州にお住まいの方は、おこりますよね。

 

スポンサーリンク

そして、有名な失言

・2014年のソチ五輪浅田真央選手の事について

 

浅田真央の転倒が相次いだことに関連いて、

 

「真央ちゃんは、大事な時に、必ず転ぶ」

 

と述べ、批判の声があがりましたが、

森さんの関係者だったら、

みんな、思いますよね。

 

「余計な事言わなければいいのに・・・」

 

2000年の5月15日、パーティー演説での発言

 

「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国ぞということを

国民の皆さんにしっかりと承知をしていたただく」

 

という発言があり、

ニュースでも取り上げられ、

国民から、ちょっとその発言は・・・・。

 

という事がありましたね。

 

この発言は、明治時代からの、

「大日本帝国憲法」での、

天皇主権制の時代の考えです。

 

スポンサーリンク

最後に

失言が多い森喜朗さんですが、

リオデジャネイロ五輪での

壮行会での事。

 

選手団の君が代斉唱で、

選手の大部分が、

小声で歌ったりしたのを、

 

「堂々と歌いなさい」

 

と注意しました。

 

日本人な訳ですから、

 

その様な場にいれることは、

 

日本人として、人間として、

誇りなわけですから、

堂々と、していればいいわけですから、

 

きちんとするべきだと

おもいます。

 

森喜朗さんは、

本当は、政治的には、

実力者な訳ですから、

失言さえなければ、

 

総理大臣としても、

本当は、長期政権になれたのでは

ないでしょうか?

 

東京オリンピック、パラリンピックを

しっかりやっていただいていただきたいと、

思います。

 

というわけで、

今回は、ここまでです。

 

ここまで、お付き合いいただき、

有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。