生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

立花孝志「NHKをぶっ壊す」政見放送が面白い放送の中に隠された本心は2

2019年07月18日 [ 生活のワンポイント 社会問題 ]
Pocket
LINEで送る

皆さん、こんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

 

前回は、「NHKから国民を守る党」

立花孝志さんの、

これまでと、政見放送から読める

「立花孝志さんの考え」

 

というものをお伝えしました。

 

今回は、

「その他の、NHKから国民を守る党」

の立候補者の政見放送の事に関して、

お伝えします。

 

是非、最後まで、お付き合いください。

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

大橋まさのぶ候補の政見放送より

 

 

テーマ : 悪質な訪問員の徴収をやめさせる

大橋まさのぶ候補の所に、80歳の女性からの相談で、

白内障をわずらっており、目の状態が悪く、

 

病院からも、テレビは、見ないように、

と言われていて、その家には、

昔の今は映らない、ブラウン管のテレビが

おいてある状態なのに、

 

NHk訪問員がきて、

状況を説明しても、

 

「古い、今は映らないテレビでも、受信料を払いなさい」

といわれたそうです。

 

また、死んだ妻の古い携帯電話を、

形見として持っていたものを、

 

NHkのコールセンターに電話した所、

 

「いくら古い携帯電話であろうが、

ワンセグ機能が付いていれば、

受信料を払ってください。」

 

と強制的にNHK受信料を払うことに

させられたそうです。

その額、20万円だそうです。

 

ただ、形見として持っていただけなのに、

そんな事を言われたそうです。

 

NHK法を勝手に、都合よく解釈し、

国民から受信料を強制的に払わせるのです。

 

国民の世論調査で、88%が、

「NHKのスクランブル放送をするべき」

との国民の声があります。

 

 

スポンサーリンク

門田節代候補の政見放送より

姉妹のコントで話を展開していきます。

 

NHKが好きな妹たち、

NHKが嫌いなお姉ちゃん。

 

お姉ちゃんに、朝ドラ見たい!

大河ドラマ大好き!

年末の紅白歌合戦でたい!

 

といいますが、お姉ちゃんは、

うちは、受信料はらっていないんだよ。

と言って、妹達を黙らせます。

 

そして、お姉ちゃんは、

 

「NHKが嫌いだ!」

と言わんばかりに、

「NHK職員の給料は高い。」

NHK新社屋の建設費用が3400億かかる」

 

から、お金が沢山あるんだよ、と。

 

そして、NHK職員は、過去に、

 

インサイダー取引をやったり、

麻薬に手を付けたり、

職員同士が愛し合ってしまったり、

 

地方局の天気予報担当のアナウンサー

が、セクハラ、パワハラに合って、

 

テレビ出演中に、大声で泣きだしてしまったことを、

面白おかしく伝えています。

 

そして、最後に、歌までうたっています。

 

スクランブルでNHKをぶっ壊す

あとは、ちょっと言えません。

詳しくは、政見放送を、聞いてくださいね。

 

スポンサーリンク

最後に

上記の政見放送は、

愛知選挙区から出馬した、

NHkから国民を守る党公認

末永友香梨さんです。

 

こんな綺麗な方が、

笑わせる事は言いませんが、

 

女性らしく、凄く丁寧に、

分かりやすく、説得力のある

お話をしています。

 

是非、聞いてくださいね。

 

という事で、

いかがでしたか?

今回の記事は?

 

「NHkをぶっ壊す!」

NHkのスタジオで、

職員のいる前で、

 

普段、NHkに、ストレスをかかえている

人達が、その様な事を言える。

 

それがテレビに、放送する

 

立花さんなんか、

ある意味、最高のストレス発散

でしょうね。

 

「NHkから国民を守る党」

最高にわかりやすい党です。

 

立候補者の話し方なんかみても、

いかにも、「現代人だ」と

思わせる話し方で、わかりやすいです。

 

この人達が国政に出たら、

どうなるかと思うと、

 

大変楽しみです。

 

注目して、暖かい視線で、

見て行きたいですね。

 

という事で、今回はここまでです。

 

最後までお付き合い

いただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。