生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

夏バテの原因と症状について。予防方法にも取上げ、夏バテを予防しよう。

2019年04月29日 [ 健康記事編 食の記事 ]
Pocket
LINEで送る

初めに、ランキングに
参加していますので、
以下の3つをクリックして頂けると、
うれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

皆さん、こんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

 

夏の事に関して、

記事を作成して、

読んで頂いておりますが、

いかがでしょうか?

 

今回も、夏の事に関して、

取上げます。

 

テーマは、

「夏バテ」です。

是非、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

夏バテの症状について

・だるい

(疲れたような、

体を体を動かしたくない感じ)

 

・食欲不振

・下痢、便秘

・頭痛や発熱、めまいなど。

 

自分も、子供の時になりました。

簡単に言えば、

「何もしたくない感じ」です。

 

 

夏バテになる原因

気温や天候の変化が激しい

梅雨頃から発症しやすくなりますが、

 

原因としては、冷房普及が低く、

冷房を使わない人にとっては、

暑さに耐えきれず、体力が落ち、

夏バテになる事がありましたが、

 

エアコン普及率が高い今は、

冷房による体の冷え、

ストレス、睡眠不足からも、

夏バテになりやすい、という事です。

 

こういったことも、

夏バテになる原因です。

 

・前日より急に温度か上がった日

・湿度が高い日

・室内作業をしている人が、

急に外で何日間も、

仕事をしている場合などです。

スポンサーリンク

 

これは夏バテになりやすいです。

・いろいろいそがしくて、

食事をとるひまがない

 

・女性で、「体系維持」の為、小食する。

または、「野菜サラダだけ」とか、

炭水化物抜きの食事をする

 

・食事のかわりとして、

フルーツだけで終わりとする。

 

などですね。いつ、どんな時でも、

これはダメですね。

基本的なことですね。

 

たとえ、「大丈夫、大丈夫」

と考えていても、10年後、20年後に、

大きい病気になってしまいますよ。

 

スポンサーリンク

 

夏バテ予防の食べ物

「夏になってから食べる」

というのでなく、常日頃から、

「健康維持の為に食べる」

これが大事だとおもいます。

ビタミンB1をとる

大豆 ゴマ 玄米 麦 のり

米 豚肉 牛乳 レバー

 

ビタミンCをとる

熱い部屋、涼しい部屋の出入りで、

体がおかしくなる。

こういった事にも、

「ビタミンc」

は効果的です。

 

みかん イチゴ ブロッコリー お茶

ほうれん草 イモ類 ピーマン 豆類

 

「夏野菜」も効果的です。

きゅうり なす トマト トウモロコシ

ピーマン カボチャ オクラ

カロテン、ビタミンc、びたみんE

などを含んでおり、夏バテ予防にも、

効果がある、とされております。

こういった食べ物も、夏バテ予防になります。

 

・ウナギをたべる。

「土用の丑」があるくらいですから。

・カレー・キムチを食べる。

ピリ辛料理は、血行をよくし、

発汗を促し新陳代謝を盛んにします。

さらに、こういった「スパイス類」は、

食欲を増進させ、さらに消化も促進させます。

スポンサーリンク

最後に(まとめ)

いかがでしたでしたでしょうか。

今回の記事は?

 

大部分は、これも、「食生活」

に問題がありそうですね。

 

なかなか難しい問題だと思いますが・・・。

 

「給料」が安いから、食費をきりつめている。

という方には、「ご苦労様です。」

としかいいようがないですね。

 

仕事ばかりに追わていて、

毎日会社拘束時間が長く、

仕事が終わっても、

「ご飯はスーパーの総菜だ」

という方も、いますね。

 

「四季のある日本」

ですから、夏と冬は、

避けて通れないですよね。

 

今年こそは、「熱中症患者」

が昨年よりは、減少するように、

これを願っております。

 

この言葉をしめくくりとして、

この記事を終わりたいと思います。

 

最後までお付き合いいただき、

ありがとうございます。

スポンサーリンク

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。