ためになる健康記事 睡眠記事

睡眠と運動・入浴の観点から人間の生活サイクルをとりあげる。

Pocket
LINEで送る

皆さんこんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

 

「睡眠」をテーマに、

様々な視点から取り上げていますが、

 

ここまで皆さんは、何1つでも、

ためになる事はありましたか?

 

今回は、「運動」、「入浴」をテーマに

様々な視点から「睡眠」と結びついている部分をとりあげます。

 

是非、最後までお付き合いください。

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

 

良い睡眠をとる為の入浴方法

(厚生労働省のHPを参考)

 

1番理想の睡眠をするためには、

「就寝直前が一番理想」

とされていますが、寝つきを悪くする恐れがあります。

 

その様な事も考えると、

「就寝2~3時間前の入浴」

となるようですが、この記事を見ている大部分の方は、

お仕事に行ってる方が大部分だと思いますので、

 

そういった点を考えると、

「就寝直前の入浴でも仕方ないが、

無呼吸症候群になっているか位は確認しましょう。」

「睡眠時無呼吸症候群に関する記事は、

ここをクリック

 

さて、入浴温度ですが、

38度のぬるま湯の方は、30分位

42度での入浴をしている方は、5分位ですので、

この中間の方は、これを参考に、

ご自分の入浴温度、時間を考えて入浴しましょう。

スポンサーリンク

 

睡眠と運動

 

 

(厚生労働省HPから抜粋)

 

運動習慣がある人には、不眠が少ないことがわかっています。

長く続ける事が重要になります。

その効果として、寝つきがよくなるのと、

深い睡眠が得られるようになります。

 

運動としては、有酸素運動(速足の散歩など)

がお薦めで、激しい運動は逆に興奮し、寝れなくなります。

 

睡眠を意識するのであれば、睡眠の3時間位前になります。

スポンサーリンク

睡眠と自律神経失調症

 

こちらをクリックしてください。

 

お酒は睡眠によいのか?

 

(東洋経済さんのHPから抜粋)

 

日本人はお酒が好きですが、

よく夕食時から晩酌、仕事が終わってから同僚と一杯、

お風呂上りの一杯、などしておられる方が多いですが、

 

確かに、お酒を飲むとすぐ眠れますが、

眠りは、浅いです。

(アルコールを分解する為といわれている。

その為尿がたまっていくので、トイレに行くために、

起きてしまうのです。)

 

イビキをかきやすくなる様です。

アルコールが舌の筋肉を麻痺させるので、

舌が気道を塞いでしまい空気の通り道が狭くなり、

空気が通るときに空気抵抗が大きくなって、

粘膜が振動するからです。気道が狭くなっているので、

イビキをかいているときは、酸素を十分に取り込めなくなり、

眠りが浅くなります。

 

イビキをかいている人を起こそうとして声をかけると、

意外にすんなり起きてビックリしたこと、ありますよね。

そう、イビキをかいているときは眠りが浅いから、

すぐに起きてくれるのです。こういうときは、

中途覚醒も増え、疲れが十分に取れず、

日中眠くなることも多いはずです。

スポンサーリンク

最後に(この記事のまとめ)

 

いかがでしたか、今回の記事は?

今回は、「睡眠と入浴・運動」をテーマに

それに付随することもあわせて

とりあげましたが・・・。

 

これだけでも、ためになる事や、

「そうなんだ」と思う事などもありました。

 

でも、この記事を読んでいただいた貴方様が、

きっと思う事があると思います。

 

「おれ、会社拘束時間が長いから、寝る前に運動だの、

酒も好きだし、こんな睡眠に理想な生活は無理だ」

 

そう思われる方も沢山おられると思います。

少しでも、

「これは出来ないが、この部分はできる。」

というものを1つでも見つけていただいて、

実行していただければ?

と思います。

 

皆さんが、健康で、元気に活躍出来ることを

願って、この記事のしめくくりとさせていただきます。

 

今回も最後までおつきあいいただき、

ありがとうございます。

スポンサーリンク

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です