ためになる健康記事

睡眠の無呼吸症候群について取り上げる。治療方法にも取り上げる。

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

皆さんの中には、

「きちんと寝たのに、

何故急に眠くなるの?」

 

このお悩みをお持ちの方、

沢山いるのでは?

 

自分はそう思います。

 

それは、

「睡眠時無呼吸症候群」

なんです。

 

今回はこの病気について、

述べたいと思います。

 

是非最後まで、お付き合い下さいね。

宜しくお願いします。

スポンサーリンク

病院で検査しよう❗️

あーだこーだ言っても、とりあえず、

何も成らないので、

行動を起こしましょう。

 

まず病院にいきます。

 

呼吸器内科、

循環器科、

耳鼻咽喉科

(対応しているか、確認の事)です。

 

一番良いのは、

大きい病院なんですが、

平日休みの方は、あまりいない、

と思いますので、

 

町医者でも、大丈夫です。

 

その際は、

睡眠時無呼吸症候群

対応か、確認しましょう。

いろいろ、問診や、

先生から、質問があります。

 

そして、証拠がないので、

睡眠のデータをとるために、

機械を渡されます。

 

2週間位、

その機械を着けて寝ます。

良くテレビにでる、

機械です。

 

鼻の所に着け、スイッチを入れ、

すぐ鼻の所に、酸素が送られます。

寝ているとき、

 

呼吸が止まったら、

それまでいままでより酸素の量が、

多くおくられます。

 

機械が呼吸をしなさい、

そう教えてくれる様なものです。

 

その機械は、

睡眠を矯正するだけでなく、

 

睡眠開始の日付と時間、

睡眠が止まった時刻と、

何秒間止まったか、

 

何時何分まで、

機械がついたままで、

睡眠ができていたか、

 

そこまで、

データをとってくれます。

 

そして、病院から

指定された日にちに、

機械についている

データを持っていきます。

 

そのデータを見ると、

その患者の症状の重さ

がわかります。

 

そして、睡眠が矯正されるまで、

続きます。

 

睡眠が改まるまで、

続くのでしょうが、

 

もし、生活環境の変化などで、

 

病院に来ることが

出来なくなった。

 

その場合、

担当病院から、

歯医者に、

睡眠時無呼吸症候群の、

矯正マウスピースを、

作ってもらう様に、

お願いをする、

紹介状をかいてもらいます。

 

その紹介状を持って、

かかりつけの歯医者があれば、

そこに行って、

マウスピースを、

作ってもらいます。

だいたい8000円位

だと思いました。

 

そのマウスピースを

着けて寝れば、

 

睡眠がきちんととれる、

というものです。

 

あともう1つあります。

 

それは、あごの位置をずらして、

睡眠時の呼吸を楽にする、

矯正手術です。

 

ですが、お金はかかるは、

痛いは、手術はしても、

また、無呼吸になる可能性が

あるらしいので、

おすすめはしません。

 

スポンサーリンク

この3つの方法です。

最後に

この病気を持っている、

と思う貴方❗️

睡眠時無呼吸症候群

を無視するのだけは

辞めてください。

 

確かに、

「睡魔に襲われるだけ」

それだけなら、

我慢しても、大丈夫ですが、

 

糖尿病、

脳卒中、

心臓病、

高血圧、

 

等を引き起こす為です。

以外と怖いものです。

 

なってからでは、やはり、

手遅れなのです。

 

マウスピースをして寝る、

機械を着けて寝る、

 

ただそれだけで、

質の良い眠りができます。

 

皆さんが、

ハッピーライフを送れる様に、

この記事のまとめとします。

 

最後までお付き合い頂き、

ありがとうございます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です