生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

笑える面白い芸人による爆笑タイム落語家編。嫌な事を忘れて笑いましょう 。

2018年12月14日
Pocket
LINEで送る

こんにちは。みなさん、

いかがお過ごしでしょうか?

 

これまで、

・労働問題に関する記事

・悩みのさまざまな記事

 

などを中心にとりあげました。

ここまで、いかがでしたか?

 

今回は、

「休憩」との意味合いで、

 

自分の、これまで見てきた

お笑い芸人のネタなどで、

大いに笑っていただきましょう。

 

是非1度みてください。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

春風亭 柳昇(しゅんぷうてい りゅうしょう)

本名  秋本 安雄

生年月日  1920年10月18日

没年月日  2003年6月16日(82歳)

出身  東京

 

太平洋戦争中は陸軍に召集され、

指を何本か失っており、

 

元の職場に復帰は無理と、

悩みながら暮らしていた所、

 

落語家の息子と知人関係であり、

その縁で、生活の為、という事で、

6代目春風亭柳橋に入門する。

 

主に、自分で考えて作る、

新作落語一本に絞り、

大成功を収める。

 

また、ある時、

占い師に見てもらった際、

 

「あなたは、晩年に栄えます。」

 

と言われ、

「晩年なんかどうでも

いいんだよ。今だ、今。」

 

そのように述べ、

切れてしまったが、

 

結果的に、

その通りになってしまった。

 

胃ガンになり、

入院生活になるも、

退院後も、口座に復帰。

でも、長くは続かず、

2003年6月16日になくなる。

 

柳昇の落語は、古典落語の様な、最後の、クライマックスだけ、

笑える、という訳でなく、

 

新作落語

(ほとんど自分で考えた)

 

「人を笑わせる事」

 

が非常に上手く、

冒頭から、笑わせ続けていき、

ラストまで、笑わせっぱなし

の落語であり、今でも、

(自分も含め)根強いファンがいる。

 

それでは、冒頭の、

「私は春風亭柳昇と申しまして、

大きな事を言う様ですが、

今や春風亭柳昇といえば、

我が国では、

 

 

私1人であります。」

 

この懐かしい挨拶ともに始まる

柳昇の、20代の方も、

大変面白く聴く事ができる、

 

落語、是非、是非、

聴いてください。

 

 

柳昇の落語

・カラオケ病院

経営難の病院を、

なんとかしようと

考えたのが、

外来患者が、カラオケで、

点数が高い場合に、

医者料をただにする、などして、

患者を集めると考えだして、

やってみたものの、結果は・・・

・日照権

 

今住んでいるマンション近くに、

高層マンションが建設する、

という事で、これでは、

太陽の光が、来なくなるから

困った、ということで、

そのいま近くにするんでいる

マンション住民が集まり

対応を協議し、

 

今度建設するマンションオーナー

の所に抗議しに行くが果して結果は?

 

・結婚式風景

 

結婚式披露宴のおかしい所を

まず柳昇が語ります。

 

次に、結婚披露宴を、

実際に柳昇が色々と、

新郎・新婦の関係者の

スピーチが始まるが、

内容が笑えます。

・与太郎戦記

 

柳昇の実際の戦争体験を

面白ろおかしく述べ、

 

自分も負傷し、

最後は病院に運ばれ、

助かるが、

 

病院の看護婦に

一目惚れし、

「告白の手紙」

を渡すが、結果はいかに。

・その他の柳昇の落語

 

スポンサーリンク

 

昔昔亭 桃太郎(せきせきてい ももたろう)

・本名  柳澤 尚心

(やなぎさわ たかみ)

・生年月日 1945年5月20日

・出身地  長野県

 

師匠は、上記に上げた、

春風亭柳昇。

 

柳昇にとっての最初の弟子。

行く前は、(断られるのでは?)

と思ったが、柳昇の自宅に行き、

 

「弟子にしてください。」

とお願いし、

 

(いいよ、家に入りなさい。)

 

と言われ、出てきたのは、

桃太郎が嫌いな、

 

アイスクリームと、

コーヒーだったという。

 

だが、本人は、

「これ、嫌いです」

 

とは言えず、我慢して食べたという。

 

 

師匠同様、新作落語を得意とし、

けっこうダジャレなどを、

入れる。

落語の本テーマに入る前に、

いくつか、ダジャレ的な小話

を披露し、客席を笑いの渦に

巻き込む。

 

それでは、昔昔亭桃太郎の落語、

お聴きください。

 

・結婚相談所

「女性が男性を選ぶ時代」

をなんとかしたいと、

「結婚相談所」を開設し、

男性客がやってくるが、

さて、やってくる客は?

・裕次郎物語

昭和のスター、自身もファンの

石原裕次郎を、

面白、おかしく述べるネタ。

・金満家族

金持ちの家庭で、

その時点で、金がありすぎて

困っているのに、さらに、

どんどんどんどん金が入ってきて、

困り果ててしまう物語。

その他の桃太郎のネタ

 


スポンサーリンク

 

最後に

いかがでしたか?

今回の記事は?

というより、落語は?

 

面白かったでしょうか?

 

本当は、まだ探せば、まだまだ

面白い落語芸人はたくさん

いるのでしょうが、

私の知っている限りでは、

 

「この2人が面白い」

という事で、「今回の記事」

 

という事にさせていただきました。

 

また、「この落語家は、面白い。」

 

そのような人がいれば、

また、とりあげたいとおもいます。

 

という事で、今回の記事は、

おわりますが、この記事は、

 

「落語家編」です。

 

次の話題は、「ピン芸人編」

をやります。

 

どうぞ、期待してくたさい。

是非、よろしくお願いします。

 

以上。

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。