生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

NHKの民営化とメリットについて(仮案)企業・国民との関係はこうなる1

2019年07月20日 [ テレビ 生活のワンポイント ]
Pocket
LINEで送る

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

 

皆さん、「NHkが民営化したら?」とか、

よく考えた事があると思います。

 

自分もばくぜんと考える事が

あるのですが、

 

ある程度、「こんなもんだな」

と自分なりの意見ができました。

 

そこで今回は、

「NHkが民営化した場合」

その様な事をテーマとして、

取り上げます。

 

「完全民営化」

とはいきませんが・・・。

 

また、現在の「放送法」

からすれば、

 

まだまだ遠い話かも

しれません。

 

この記事を読んで、

 

「これは無理だよ」

「いいねえ。この考え」

「これをベースに考えよう」

 

どう出るかはわかりませんし、

「それは違う」

といわれる事もかなりあるとおもいますが、

 

今後のNHKの為、

視聴者(国民)の為、

この記事を作って、

皆さんに読んでいただきます。

 

とりあえず私の案を、

読んでみてくださいね。

 

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

今回の記事テーマ NHKと企業の関わりについて

企業からも受信料(スポンサー料)を頂く。(自由支払い)そのメリットとは?

 

「個人宅の受信料と同じ額」状態から、

例えば、いくつかのプランを組んで、

受信料とします。

 

・最低は、月3万円とするが、

その場合、会社の求人を職安に出した場合、

求人の情報番組に載せることができる。

(一口は3カ月)

会社名、住所、職種、募集職種などを、

1日3回テレビで伝える。

(最寄りの地方局からの放送の時)

 

・5万円の場合、

上記にプラス、5分位の、

企業VTRが入る。

それが1日3回放送する

 

新年度の学校卒業を対象とする

企業VTRも、いくつかプランを分け、

放送し、新年度に向け、

人材確保の意味合いで、

放送する。

 

新年度の学卒予定者の、

企業訪問会に関しては、

その模様も、放送する。

 

また、顧客獲得に向けての、

企業CM番組なども、

いくつかの料金体系を作り、

放送していくことにより、

NHKの受信料(スポンサー料)

を頂戴することにより、

NHkの資金力とする。

NHK制作番組のスポンサーも可能です。

3カ月契約、1年契約、3年契約など、

または、この番組とこの番組、

または、平日のこの時間帯などの

契約も可能です。

 

それ以外に、この様なことにも、利用できます。

 

・もし、第一部の、株式上場が決まっており、

株主公募の企業CMをつくりたい、

という時にも、利用できます。

 

一年間の企業成績が良く、

広くみんなに知ってもらいたい、

という場合の、企業CMも、

対応する、ということです。

 

スポンサーリンク

NHKが上場する場合(企業の場合)

上記のスポンサーや、

求人の情報を出す場合などの場合、

株主にはなっていない会社よりは、

多少の割引や、

 

株主同志での同業者や、

その株主の顧客になるような

会社との連携などに関しての

情報の提示の役割を果たします。

 

スポンサーリンク

最後に(今回の記事のまとめ)

いかがでしたか、今回の記事は?

「企業とNHK」という事で

進めてきましたが。

 

このようにすることで、

まず新しいジャンルを確定する事

ができますよね。

 

そうすれば、学生の人も、

 

「どのような仕事をしようかな?」

と迷う事もなく、また

 

「とりあえず就職したものの、

イメージが違い、転職したい。または、

この仕事は合わないから、他の仕事がしたい」

となる確率は少ないのでは?

 

そう自分は思うのですが、

皆さんはどうおもいますか?

 

何度も申している通り、

この記事を見て、

肯定的な意見もあれば、

否定的な意見、または、

「この部分は、こうした方がいいよ。」

 

とか、そういったものはある、

と思います。

 

そういった方は、

どんどん意見をください。

 

この記事を、

変更していきますので、

よろしくお願いします。

 

次の記事も、続編を予定してますので、

是非、期待してください。

 

ということで、今回は、ここまでです。

ここまでお付き合いいただき、

ありがとうございます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。