生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

相田みつを。詩人としての名言の総集編。現代社会に共通する詩が沢山あり。

2019年03月13日 [ 名言集記事 相田みつを 総集編記事 ]
Pocket
LINEで送る

 

こちらの2画面の

クリックをしてもらえると、

うれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

皆さん、こんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

 

今回の記事は、「相田みつを記事」が、

皆様のおかげを持ちまして、

5回目を迎えました。

 

そして、数多くの相田みつをの

名言を取り上げましたが、

今回は、その中からの、

 

「特に印象に残った名言」

 

をとりあげ、改めて、

 

「相田みつをの名言は素晴らしい」

 

というのを、

知っていただきたく思います。

 

是非、最後まで、

お付き合いください。

 

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

 

印象に残った名言 1

 

(略する)

人間は、悩んだり、

壁にぶつかったり、

失敗したり・・

 

そうしながら、

大きくなっていくものだよ。

 

いきなり、この作品が

最初にきましたが・・・。

 

これは、相田みつを作品の、

1番有名な、代表的作品ですね。

 

 

この作品がなくては、

相田みつをは語れない

そうさせる、代表的な作品です。

スポンサーリンク

 

その他、印象に残る作品に関して

この他、相田みつをの印象に残る作品

としては、

 

本人がその言葉(詩)を作った時と、

今とでは、大分時代が違い、

(考え方も違う)

 

社会においても、

「就職したら、定年まで、

その会社に勤める」

「年功序列」

 

これが相田みつをが現役ざかり

の時の考え方でした。

 

これが今は、

 

「いつ会社から

斬り捨てられる(リストラ)

か、わからない」

 

「人事異動で、遠い所に行け、

といわれる」

「実力主義」

 

この様に、違ってきています。

 

また、給与の面においても、

昔は、十分貯金できて、

遊ぶ事も出来たりと、

いう時代でしたが、

 

今は、

「科学の進歩」

「物が豊富にある」

という点は、今が優れていますが、

 

給与は、

「サービス残業は当たり前」

「ボーナスなんて、ない」

 

「貯金するにも、

節約、節約で、頭おかしくなる」

「楽しい事なんか、何もない」

 

こんな時代です。

 

「結婚」も、厳しくなりましたね。

給与も、低いから、

「貯金も出来ない」

(こんな有様で、パートナーの

面倒を見るのは、無理)

 

男性なら、皆さん言う事としては、

 

「女性が男性を選ぶ時代になり、

自分が選ばれる様にする努力は

するが、なかなか厳しい。」

 

「女性の社会進出により、

女性が、わがままになった」

 

「これにより、女性が、

結婚しなくてもよくなった」

 

こういう方も多くいるはずです。

 

先日亡くなった、

経済評論家で、作家の

堺屋太一氏が、

省庁再編前の、

 

「経済企画庁長官」

を務めましたが、その時の、

就任会見で、

 

「この国の現状に、

楽しい事は、何もない。

だから、俺がなんとか、それを、

楽しい世の中にするんだ」

 

そうのべていました。

 

話は横道にそれましたが、

 

「結局、何を言いたいのか?」

 

それは、

 

「その様な、いまの時代にも、

適応する記事と言えるのでは?」

 

そう思います。

 

それでは、自分が思った、

相田みつを記事の、

「現代社会にも適応する、

生き方の詩」

 

とでも、いいましょうか?

 

そういった「詩」

または、「名言」

 

について、取り上げていきたい

て思います。

 

スポンサーリンク

 

印象に残った名言 2

(略してみる)

 

「お礼と、おわびは、

はやいほうがいいよ」後でいうこと、

「すぐ言わずにごめん」とか、

「わかってたんだけど、

いそがしかったんだよね。」とか、

そういう言葉は、(これが、

よけいな弁解をしなければならない)

なんか後味が悪い言葉ですね。

 

つまり、印象を、

悪くしますよね。

 

逆に、お礼やおわびをすぐいえば、

あと味を残さず、という事になりますね。

こういう事だと思いますが・・・。

 

でも、社会においては、

時と場合においては、

中々、難しい時、ありますよね。

 

(略してみる)

「セトモノとセトモノ 」とは、

(お互い人間同士)という意味合いと

解釈しました。

 

「ぶつかりっこするとこわれ、

ちょっとしたいざこざが原因で、

すぐケンカになる。」

 

後は、お互いが妥協し、

仲良くなろうと、

一歩さがる気持ちを持って、

互いに、相手をたてる所はたてる、

という所を持っていれば、

大丈夫だよ、

 

そういう意味合いの言葉だと、

思います。

 

 

(略してみる)

 

自分はあいつに親切な事を沢山しました。

 

でも、あいつは私に、

何もしてくれませんでした。

 

当然、「なんだあいつは」

といいたいですが、その時は、

自分がしてあげた事は、

忘れましょう。

 

また、「私はあなたに、これだけの事をし

たのに、あなたは、わたしに何もしない、

これは、なんなの?」

 

そういった事も、いわないで

おきましょう。

 

何故なら、

ケンカになるからです。

 

自分があきらめず、やってあげる

事を継続する事により、

相手は、変わるかもしれません。

 

私の社会経験の話ですが、

私は、仕事上でという事で、

 

(隣同士という事もありましたが)

親切な事をきちんと

親切な事をしてあげましたが、

 

相手は、自分には何もせず、

 

(0ではないものの、

ほぼ0といってよい)

 

その分を、上司だの、

経営者一族などに親切な事をしている

という、

 

本当に腹立たしい、

ひっぱたきたくなる奴が

いましたが・・・。

 

誰が見ても、

この、「くそがきがぁ」

と思うはずです。

 

しかもそいつ、生意気にも、

「結婚しているんです。」

 

結婚して欲しいばかりに、

 

ずいぶんと

気を使ったり、

ごますったりして、

結婚したんでしょうね。

 

まあ、いずれ別れると

思いますが・・・。

(あんなやつは)

 

 

(略してみる)

奪い合う事はにくしみあう事。

分け合う事は、仲間意識を持つこと。

 

自分のうしろ姿は

自分じゃみえねんだやあ

 

(略してみる)

ものも、(頭も)

使わなければ意味はない。

 

自分の後ろ姿

(弱い所・悪い所)は、

自分では、わからず、

他人には、見えるものだ。

(さらに、自分で考えるには、)

そういった所を指摘するには、

自分が分かる言葉で相手に

言い伝えるのでは、理解させるには、

厳しいので、

 

優しく、相手に伝わる様に、

ゆっくりと、説明しないと、

理解させるには、

 

難しいのでは?

そう私は思います。

スポンサーリンク

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

今回の記事は?

 

「相田みつを総集編」

としてご覧いただきましたが、

 

本当は、

「私が選ぶ相田みつをベスト5記事」

とかの題名で、

記事を作りたかったのですが、

 

とても順位とかがつけられず、

色々考えた結果、

今回の記事構成になりました。

 

また、「有名人の、名言集記事」を、

今後、作っていく予定にしています。

 

また、そちらの記事も、

あわせて宜しくお願いします。

 

そういう事で、この記事の

締めくくり、とします。

 

ここまで、お付き合いいただき、

ありがとうございます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。