生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

CMの懐かしい作品を動画で見る。今回は選挙cmで小泉純一郎編です1

2019年11月20日 [ 社会問題 ]
Pocket
LINEで送る

皆さん、こんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

 

今回は、国政選挙の、

各党のcm記事になります。

どれも、懐かしいcmです。

 

是非、最後まで、

お付き合いください。

 

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

小泉純一郎・郵政選挙

初めに、このcmをとりあげます。

いわゆる「郵政選挙」の時cmです。

 

小泉純一郎が、国会議員の時からの悲願だった

郵便局と、その関連事業

(かんぽ生命、ゆうちょ銀行など)を、

国の事業から民営化し、サービスを向上することで、

収益をあげ、税収をもたらすとして、

 

小泉内閣の本丸

であり、衆議院では、5票差の僅差で通過、

参議院では、否決されてしまったのです。

 

これにより、総理大臣の小泉純一郎は、

 

「郵政民営化が国会で通らなかったのは、

自民党議員も含めた国会議員の連帯責任だ」

 

という事だったのだと思います。

 

その上で自分の思いが正しかったのか、衆議院を解散して、国民に問いたい

もし、自民党が過半数を取れなかったら、小泉内閣は総辞職する。

 

として、郵政民営化法案に否決の票を入れた議員には、

自民党公認をせず、小泉氏が選んだ対立候補を

送り込んだのです。

 

この選挙、マスコミでは、

「自民党過半数は厳しいのでは?」

との分析もありましたが、

小泉自民党は、快勝して、衆議院の3分の2を獲得して、

その後の国会運営、4年後の麻生内閣まで、

優位な国会運営をするのです。

 

パック曲に、小泉氏の好きな、

「XJAPAN」

の曲を使用し、当時としては、

考えられないものでした。

 

その小泉らしさがでているcmを、

ご覧下さい。

 

自民党が、衆議院で大勝利を収めた後、

小泉純一郎は、自民党総裁(残り2カ月)

を務め、党の規則のため、二期で勇退し、

 

安倍晋三に総理を譲りますが、

それまでの、いわゆる「タカ派」が

受け入れられ、自民党内の派閥の論理が

余り通用しなくなりました。

 

スポンサーリンク

最後に

(現在の小泉氏。大分お年を

召された風に思いますが・・・)

 

いかがでしたでしょうか?

今回の記事は?

 

小泉氏は、厚生大臣3回、

郵政大臣1回だけで、

 

自民党幹事長や、官房長官の経験は

ありませんが、

総理大臣としての才覚があったから、小泉内閣が、

長期政権になったの

でしょうね。

 

安倍晋三さんも、おなじように幹事長と、官房長官しかやったことがありません。

でも、長期政権になっています。一度目の経験を生かしているのでしょうが・・・。

 

海部さんの様な鳩派の様な方では、

この様な解散は、

出来ないでしょうね。

ということで、選挙cmはまだ続きます。

ここまでお付き合いいただき、

ありがとうございます。

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。