その他の掘り出し記事 大切な社会・政治問題 読んでためになる労働記事

5年で1.8倍。派遣社員を選ぶシニアが急増する理由のニュースに物申す

Pocket
LINEで送る

令和2年1月20日のヤフーニュースでネットに流れました、

週間朝日さんで取り上げられました、

クリック

「5年で1.8倍!派遣社員を選ぶシニアが急増する理由」

という題名で、週間朝日さんからとりあげられましたが・・・。

 

たしかに、この記事に関して、調査した結果ですので、

間違いはないのでしょうが・・・。

 

週間朝日さんのこの記事からは、

調査の結果ですから、

 

間違いはないのでしょうが・・・。

 

今回の記事では、あくまで、この記事に、

意見をさせていただきます。

 

是非最後まで、お付き合いください。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

どんな記事か?

ここをクリック

派遣社員という働き方を選ぶシニアが増えている。国の調査によれば、60代後半の派遣社員は、2012年から17年にかけて1.8倍に増えた。

国の就業構造基本調査によると、65歳から69歳の派遣労働者は、2012年に3万7100人だったものが17年には6万8600人になった。実に1.8倍に増えている。

60歳以上のシニアの派遣事業を手がける会社の盛況も、こうしたデータを裏付ける。シニアのプロフェッショナル人材の派遣を展開するリクルートスタッフィングでは、企業とマッチングできた60代以上のシニアの人数が、18年から19年にかけて前年同期比で1.8倍に増加。シニア対象の求人案件は倍増となっている。

「働きたいシニアが増える一方で、企業は人手不足となっている。求めるスキルや経験を満たしていれば、企業側も年齢を気にしない傾向が強まってきています」と、事業を手がける同社エンゲージメント推進部部長の大塚綾乃氏は話す。

シニアの派遣を専ら手がける高齢社では、5年前には250~300人くらいだった派遣社員が、現在は約430人に増えた。

(ここまで、抜粋しました)

スポンサーリンク

 

この記事から読みとれる、何故派遣にシニア労働者が集まるか

1.遠い場所への異が  ない

2.長時間拘束がない

3.責任を与えられないので、気軽に仕事が出来る

4.趣味などの時間に当てられる

 

などの様ですが・・・・。

賢い会社退職から、

再就職までの私なりの記事です。

ここをクリック

私が考える、派遣労働に流れる真の問題点

週刊誌では、良いことしか

書いてありませんが・・・。

 

実際には、

1.年齢的な事で、リストラにあった

2.定年退職したものの、退職金がなかった、または、余り期待した額ではなかった。(又は、給料が安く抑えられており、

働かないと、生活出来ない為)

 

などがあげられます。

尚、この世代の方々は、バブル時代を

乗り越えており、状況みて、家や、

マンションを購入した方も多くいるとおもいます。

なかには、まだローンも残っている方もいると思います。

スポンサーリンク

 

これまでの職種の仕事で、派遣で仕事口があるか。それとも・・・。

週刊朝日さんでは、

それまで会社勤めでやっていた仕事についている人の事ばかりですが、

実際には、会社勤めの職種とは、

別の仕事の派遣労働をしている人の方が、

多いと思います。

スポンサーリンク

 

最後に

いかがでしたか?

今回の記事は?

 

本来であれば、現役世代で、

しっかり仕事をこなして、

定年になったら、

退職金を頂いて、

 

老後を楽しむ、

まだまだ元気で仕事がしたい人は、

働く、

 

こうでありたいですが、

企業が社員に厳しい世の中であり、

なかなかそうはいかないですよね。

 

神頼みしたところで、

良くなるわけではありません。

 

シニアの皆様には、働く事が厳しくなった時の事を考えながら、

「いまの事をどう過ごすか」

ということを考えて、

 

現役世代の皆様には、

シニア世代になった時の事を

考えて、

「今がどうあるべきか?」

この事を考えるべきです。

 

そう考えても、

自分の思う様にならないのが、

人生ですが・・・・。

 

という事で、今回はここまでです。

 

ここまでお付き合いいただき、

ありがとうございます。

スポンサーリンク

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です