生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

全国の美味しいフルーツ特集!特徴や体に与える長所も取り上げる6

2019年09月01日 [ 健康記事編 生活のワンポイント 食と健康 ]
Pocket
LINEで送る

皆さんこんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

 

今回、いつでも、お手軽にたべられる果物

バナナです。

そんなバナナ、

ではないですよ。

バナナに関する以外な情報も取り上げます。

是非、最後までお付き合いくださいね。

 

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

バナナとは

バショウ科バショウ属のうち、

果物を食用としている品種

 

バショウ科の仲間

ウコン、カルダモン(香辛料)

ショウガ、ミョウガ

これらであり、バナナの仲間になる。

スポンサーリンク

日本に輸出するバナナ貿易国

おおよそ毎年100万トン以上の

バナナが日本に輸入されており、

 

・1位はフィリピンで約84万トン位

・2位はエクアドルで約11万トン位

・3位はメキシコで約2万8000トン位

 

となっており、

台湾は、10位で、1750トンとなっている。

 

スポンサーリンク

 

バナナは、高級食だった!

今は手ごろに手に入るバナナが、

一時期は、高級果物だった時代があり、

そのころは、贈り物や、お見舞い位でしか

見なかった時があります。

 

日本におけるバナナの消費は、

1915年(大正4年)位から増え始め、

輸入量に伴う消費の量も増えていき、

値段も、かなり安価で販売されていたようですが、

 

アメリカとの戦争により、

徐々に台湾からの日本に入る

バナナが減っていき、

 

終戦時の1945年頃は、

バナナの輸入は、止まってしまいました。

 

終戦後、日本に駐在しているアメリカ兵に

納入用として、バナナが輸入され、

米軍兵の食べる量を超える分を、

日本の市場に出すことができましたが、

 

かなりの高値で、簡単に言えば、

アールスメロン位の価値位と

思っていただければ、適切な表現だと

思います。

 

やがて、フィリピンからバナナを

輸入する事にして、

現在に至っています。

 

では、そのバナナの、体のメリットを、

以下で説明します。

 

 

スポンサーリンク

バナナの体に与えるメリット

 

・バナナには、カリウムを持っている

カリウムには、素晴らしい力があります。

1、体内の余分な塩分を輩出し、血圧を抑える効果がある。

2、カリウムが少ないと、血圧の上昇を招く。

3、腸内環境を整える効果がある。

関連記事は

その1

その2

 

4、ストレス解消効果

5、ダイエット効果

ダイエットに関する記事はこちら

などです。

バナナがなくなってしまう可能性が!

わかりやすく言えば、

日本で、以前、宮崎牛が、口蹄疫で、

牛肉の大量殺処分が行われましたが、

 

バナナでもそのような事が起きております。

新パナマ病というもので、一種の菌であり、この菌がバナナの木の根っこに入れば、

木は枯れてしまいます。これだけは、予防するのはかなり大変で、

対応できない農家がほとんどで、「明日は我が身」と思いながら、

バナナ栽培をしている状況という事です。

 

早く対応策をやってほしいですね。

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回の記事は?

 

食べて美味しいバナナ、体にメリットが沢山あるバナナ

みんなに愛されて食べているバナナがなくなるかもしれない

というのは、悲しいというか、なんとかしてくれ、

というか、そんな状況でよよね。

 

我が国でも、医療での新薬製造、農業品での品質改良なでを

やってきたわけで、その辺の所で、上手くできないものか、

と思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

 

10年先、50年、100年先と、

いつまでも、永遠とバナナが庶民の果物として、

たべることが出来ることを祈って、

この記事の締めくくりとします。

 

最後まで、お付き合い下さりまして、

ありがとうございます。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。