生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

道州制の背景と現状について。メリットとデメリットについても取り上げる

2019年01月14日 [ 社会問題 ]
Pocket
LINEで送る

初めに、クリック

いただけると、うれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

こんにちは、皆さん。

いかがお過ごしでしょうか?

 

今回のテーマは、

「道州制」

について、取り上げます。

 

国民のなかには、

「政治が決める事だから、

俺には関係ないや」

 

そう主張する人が、

いるかもしれません。

 

おおざっぱに言えば、

そうなってしまうのですが、

 

我々国民にとっては、

生活に深く関わってきます。

 

無視するわけには、

いかないのです。

 

ここでは、

1.何故、道州制が必要になったか?

2、現状について

3、メリットとデメリット

 

この事について取り上げます。

将来の自分達の生活に深く、

関わる事なので、

是非一度、お付き合いください。

どうぞ、宜しくお願いします。

 

スポンサーリンク

 

道州制が出てきた背景について

武士が政治を行ってきた時代から、

名前は違えど、区割りに関しては、

今も昔も、変わっていませんが、

 

かなり前に、道州制議論は、

取り上げられたが、

長く、眠ったままだったが、

 

2003年の総選挙で道州制導入を

自民党や、民社党がマニフェスト

として取り上げ、

再び再燃した。

 

それより前に、

石原慎太郎氏が東京都の

知事だった頃、

 

他の国は、

政治の中心は、この町、

経済の中心は、この町、

文化の中心は、この町、

 

といったように、わけるが、

 

日本の場合は、

「東京一極集中」

 

であり、「首都を分散」

 

などがニュースで取り上げ

られた時期がありましたが、

 

当時石原知事は、

「他の都市に首都を

分散させる?

 

バカなこというな。」

 

という様な発言があり、

それ以降は、

2003年の選挙まで、

 

この話題はなかったのですが、

 

過去に石原氏のこのような発言

があった事は覚えています。

 

また、アメリカと比較

してみましょう。

 

アメリカは、だれが見ても

わかる通り、日本の何倍もの

国土です。

 

それなのに、州知事は51人です。

日本は、47都道府県なので、

知事は、47人です。

 

それに、日本の場合は、

市役所(区役所、町役場)や、

県庁(都庁、府庁、道庁)

とあり、

市議会議員、県議会議員

とあり、市役所職員、県庁職員、

 

こういった人達の給料は、

自分達、汗水たらして働いた

給料からひかれた、

税金が給料となっているのです。

 

しかも、市役所と県庁では、

違いは、そう大きくはないようで、

 

これでは、合理的ではなく、

言い変えれば、

 

「税金の無駄に使っている」

 

となってしまいます。

 

しかも、日本は、

 

今でも、赤字国債を

作ってまかなっていて、

 

赤字国債に利子がついてしまっていて、

それさえもヤバいのに、

「高齢化社会」

になっている訳で、

 

税収はすくなくなるわけで、

「根本的な事」

をやらなければならないのです。

 

その為には、

「都道府県を少なくする」

しか方法がないのです。

 

という事で、この部分は、

自分の考えを入れてしまいましたが、

 

次は、「現状の道州制案」

について取り上げます。

このまま、お付き合いください。

 

区割り案

 

上の日本地図は、

どう区割りをしようかと、

とりあえず、仕切りをなくした

表情の日本地図。

9道州
  • 北海道  北海道
  • 東北  青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県
  • 北関東信越  茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県
  • 南関東  埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県(東京だけ分離して州とする場合、「東京州(仮)」「南関東州(仮)」の2州に分ける)
  • 中部  富山県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
  • 近畿  福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
  • 中国・四国 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • 九州 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
  • 沖縄 沖縄県

11道州案

  • 北海道 北海道
  • 東北 青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県
  • 北関東 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、長野県
  • 南関東 千葉県東都、神奈川県、山梨県(東京だけ分離して州とする場合、
  • 首都圏を「北関東州(仮)」「東京州(仮)」「南関東州(仮)」の3州とする)
  • 北陸 新潟県、富山県、石川県、福井県
  • 東海 岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
  • 近畿 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
  • 中国 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  • 四国 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • 九州 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
  • 沖縄 沖縄県

 

13道州
  • 北海道 北海道
  • 北東北 青森県、岩手県、秋田県
  • 南東北 宮城県、山形県、福島県
  • 北関東 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、長野県
  • 南関東 千葉県、東京都、神奈川県、山梨県(東京を分離し東京州とする論議もある)。
  • 北陸 新潟県、富山県、石川県、福井県
  • 東海 岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
  • 近畿 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
  • 中国 くく鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  • 四国 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • 北九州 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県
  • 南九州 熊本県、宮崎県、鹿児島県
  • 沖縄 沖縄県

 

スポンサーリンク

区割りによメリットト

自分としては、13道州制案

賛成かなあ、と思いますが、

皆さんはいかがでしょうか?

 

東京と、神奈川、埼玉を

まとめて、「大首都圏計画」

というのは、どうなんですかね?

 

いろんな道州制に関する資料を

見たんですが、

 

どうやら、道州制の本質は、

「地方分権」なんですね。

 

(中央に頼らず、

その住んでいる地域だけの

税収で、やりくりをする。)

 

ですが、ここでは、

自分の意見を中心に物事を

述べようと思います。

 

前に述べた、

「道州制の必要性」

に関して言えば、

 

都道府県を少なくする事により、

(道州制になるが)

 

私達の血税を、

無駄に使われず、

 

1、国の貯蓄に、まわす事が出来る。

2、国からのサービスが、

今以上に良くなる可能性がある。

3、赤字国債が、発行なくなる、

又は、発行額が減る。

 

などが、あげられますね。

 

道州制デメリット

1、国からの補助金なしで、

やっていけるとは思えない。

 

2、災害などがおきた場合、

その地方だけでは、解決できない。

 

3、不満が爆発し、

東京集中化が、ますます加速する。

 

4、地名が変わるのは、嫌だ

4番は、仕方ないですよね。

頓挫した「大阪都構想」

橋本徹氏が、大阪市長の頃、

大阪を、都にして、特別区を

設定して、「県」と「市」の

二重行政をなくす、

 

という事で、

橋本徹の大阪市長としての、

市長生命を掛け、

 

「大阪都構想選挙」

 

を行ったものの、

 

実現はしませんでした。

 

「大阪」という、日本では、

5本の指に入る都市が、

このような結果では、

地方で、この選挙を行った場合、

自分の予想ですが、

 

多分無理だと思います。

 

もし国が、本気で、

「道州制」を導入する、

強い考えを持つなら、

 

「大阪都構想計画は、何故失敗したか」

 

をきちんと考え、

 

「実現に向けて」

 

をしっかりしないと、

「道州制」は難しいと思います。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしょうか、今回の記事は?

 

「大阪都構想計画」が失敗したのは、

残念だったと思います。

 

この選挙には、中央自民党は、

見守る姿勢でしたが、

私が思うに、

「大阪都構想実現」となったら、

 

政府自民党は、「道州制」に向けて、

一気に動いていたのでは?

その様に思います。

 

選挙で、却下となってしまった為に、

 

「道州制計画」は、

もうでて来なくなりました。

 

これでは駄目なはずです。

もう一度、

 

道州制計画に向けて、

国が動かないと、

 

10年後、20年後が、

かなり厳しくなるはずです。

 

さあ、もう一度立ちあがりましょう。

 

という事で、この記事の締めくくり

とさせていただきます。

 

ここまでお付き合いいただき、

ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。