生活のワンポイントアドバイス記事特集

心に残る、人に伝えたくなる、そんな情報を集めました。

生活のワンポイントアドバイス記事特集
Pocket
LINEで送る

口内炎の予防と、方法について取り上げる。口内炎の成りずらい体になろう

2018年12月11日
Pocket
LINEで送る

口の中にたまに出る口内炎。

あなたは出やすい

体質ですか?

 

それとも、

出ずらい体質ですか?

 

あれは本当に辛いですよね。

 

まさか、口内炎がでて、

「あの痛いのが快感だ」

なんていう人は

いないと思いますが(笑)

 

ここでは、

口内炎について、

いろいろ述べていき、

 

「口内炎の出ずらい

身体にするには?」

 

ということで、

自分の経験などを

述べていきたいと

思います。

 

このページを読んだら、

いずれ、

「口内炎ってなんだっけ」

となる位、

「口内炎の出ない状態」

になるかもしれませんよ。

 

是非、

読んで頂きたいと

思いますので、

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

口内炎の出る仕組み

口内炎の出る原因は、

 

・ビタミンB2の不足

・口の中をかむ

・ストレス

・食べ物のかたより

・病中・病後

・睡眠不足

などがあげられます。

 

 

スポンサーリンク

口内炎の症状

代表的な

(よくでる)

「アフタ性口内炎」は、

直径2~10ミリ程度の赤く縁取られ、

中が白い腫瘍ができます。場所は、

ほお、唇の内側、下、歯茎

などです。

 

1週間から、2週間位で消えます。

 

もし、消えない場合や、

どうしても我慢

出来ない

場合は、病院に

いきましょう。

 

そして、口内炎は、

以下の物が口内炎に当たると、

痛いですね。

 

・醤油があたる

・熱い物があたる

・冷たい物があたる

・歯にあたる

・外からあたる

(例えば、歩いている時に、

他人とぶつかり、ぶつかった所が、

口内炎の所だった)

などですね。

 

寝起きなどで、

ちょっとした時に口内炎に

ぶつけたら、痛くて

一瞬で眠気なんか

とんでしまいますよね。

 

また、小さな口内炎が

1センチ以内に2つあります。

 

こんな状態の時は、

必ず繋がります。

当然口内炎が大きくなるので、

痛みも強くなります。

 

そうすると、

物を食べるのも

嫌になるし、

 

何もしたく

なくなってしまいますよね。

 

また、

3個とか口内炎が出ると、

こんな辛い事はありません。

 

もう、泣きたくなります。

 

出来るだけ早く治したくなります。

 

では、

「どんな薬があるか」

それは、この下に記したい

と思います。

スポンサーリンク

口内炎の治療と薬に関して

口内炎の薬は、

自分がこの病気で

苦しんでいた10年前よりは、

大分進化して、

薬の種類も、

かなり増えました。

 

早速紹介していきます

 

 

・口内炎に直接はる薬

 

フィルムタイプで、

カットバンのイメージで、

傷口にはるのと一緒で、

フィルムからはずして、

口内炎に直接はります。

 

治るまで、説明書に書かれて

(多分1日2回か3回)

ある通りにします。

 

すると、1回使っただけなのに、

痛みは、多少軽減されるはずです。

 

これを治るまで続けます。

すると、早くなおる、

というものです。

 

・スプレータイプの薬

 

患部に、

スプレー薬をかけて治す。

 

・錠剤で治す

 

食後などに、

錠剤を飲んで、治す。

 

・着け薬で治す

 

指に薬をつけ、

患部にぬるのですが、

これは勧められません。

 

理由は、患部に塗るのは、

痛いです。

指を着けるだけで、痛くて、

悲鳴をあげます。

 

子供の頃、親父に

買ってくるの、

お願いしましたが、

勘違いして、

着け薬買ってきたんです。

 

そして、自分はその着け薬

使ったんですが、

痛くて悲鳴をあげました。

 

泣きたくなるくらいでした。

 

親に、再度、

「貼る薬買ってきて」

お願いしたら、今度は、

「わがまま言うな」

と言われ、

「こんなの痛くて駄目だよ!」(笑)

 

 

 

これで、親子げんか

の始まりです。今でも覚えてます。

 

口内炎の薬はこんな所の様です。

でも、薬に頼らず、

「口内炎の出来ない

体になりたい!」

 

皆さんそう思っているはずです。

 

そこで、

口内炎の予防方法

に、話を持っていきます。

 

口内炎の出ずらい体にするためには

この話に持っていく前に、

 

皆さん、

1つ

思い出してください。

 

私の記事をいろいろ読んで

くださった皆さん、

何か思い出してください。

 

じんましんの記事で、

予防方法の中で、

「口内炎の予防も、

出来る様に成りました。」

 

とあります。

 

一緒なんです。

 

この記事が、

初めて私の記事を読んだ、

という皆さん、

では、どう予防するの?

となりますが、

 

まずは、

 

それで・・・

これは、あとになって気が付いた

んですが、自分がいつの間にか

やっていた方法なんです。

 

それは・・・

 

(食生活を変える、

ということです。)

 

子供の頃は、両親がいて、

母親がご飯を作って

くれましたが、

 

父親が、まず好き嫌いが多い、

 

また、母親が

「はっきり言って料理が下手」

 

このため、作れるものが

すくないのです。

 

イコール食べる種類が

少ないのです。

 

だからじんましんが

出やすいイコール

口内炎もでやすかったのです。

 

私は、母親に中学の時に死に別れ、

父親には、10年前に死に別れ

たんですが、そうなると、自分で

すべてやらなければならなくなり、

野菜炒めや、簡単な煮魚や、

焼き魚をスーパーでかったり、

 

青汁などを飲んだりして、

親と生活していた時と、

 

だいぶ食生活がかわりました。

それがプラスにかわり、

 

じんましんがでずらい体

 

になりました。

 

ということで、

 

体質改善

なんでしょうね。

 

あなたはどうでしょうか?

 

食事は肉食にかたよって

ないですか?

 

食事は菓子パン食が多い

とかなってないでしょうか?

 

野菜はとってますか?

 

魚はとってますか?

 

インスタント食品が主食

になってないですか?

 

お菓子が、

食事になってしまう事は

ありませんか?

タバコはすいますか?

 

こまで読んで、気が付く点

はなにかあるのではないか、

と思います。

 

こうした方がいい、とか

1つでも気が付く点を

思いついた点があるなら、

すく゜見直してみては

いかがでしょうか?

タバコの吸いすぎというのは、

私の親父です。

 

自分が小さい時に、

親父がじんましんでて、

病院にいき、

タバコの吸いすぎでは?

といわれ、タバコをやめたら、

じんましん体質はなくなりました。

まとめとして

口内炎も、じんましんも、

死ぬ、という訳では

ありませんが、

つらい病気ですね、

 

でも、こうして、

自分の場合ではありますが、

予防方法がこうして

ありますので、

だまされたつもりで、

 

実践出来る方は

試してみてはいかがですか?

 

こうして読んで頂いて、

得した事が1つでも

あれば、幸いです。

 

読んで頂いて、

ありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。