コロナウイルス問題

コロナウイルスの症状と治療について。皆が気になる事も取り上げる

Pocket
LINEで送る

皆さんこんにちは。

コロナウイルスにより、

 

毎日生活しずらい毎日をお送りでしょうが、

ともあれ、コロナにかからない様に、

出来るだけ、気を付けて1日を過ごしていきましょう。

 

今回は、

「コロナ 症状 治療」

という事で、

・コロナウイルスは、どのような症状が起きるか?

・コロナウイルスは、どのような治療をするのか?

 

という事を取り上げます。

 

ある程度はおわかりでしょうが、

 

きちんと、とりあげていきたと思いますので、

是非、最後まで、お付き合いください。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

コロナウイルスの症状

個人差はあるようですが、最初は、

 

初日

・37.0~38度位の熱がある。

・倦怠感(けんたいかん)

だるい、疲れた、などの症状

・軽い咳など

およそ2日目

・頭痛が起きる。

・味覚がなくなる。

 

本来は初日の段階で、

「コロナだ!」

と思いますが、最寄りの医療の問い合わせセンターに問い合わせても、

(検査を受けたいとか、

病院に行かせてくださいとお願いしても、)

 

「安静にしてください。」

「検査は受けられません」

 

とか言われるそうです。

何故、コロナと認めてくれないか?

濃厚感染者ではないと報告すると、認めてくれないのです。

たとえ119に電話して、

「間違いなくコロナになったので、救急車で病院に運んで、

入院させて治療させてください。」

 

とお願いしても、

救急車も、コロナウイルスの患者装備車でないと、

出動できないようです。

 

ですが、ここまでの時点で病院に通う事ができ、

検査等ができた場合は、どうやら、

「運が良い」らしいです。

 

ここまでが、

「軽症者・中症者」

であり、ホテルで隔離・病院で入院でも、

重篤とまではならずに、回復するであろうとみられています。

 

今は、入院患者数や、通院患者数も多いため、

新規患者まで手が回らないようです。

「呼吸困難」が重篤症状

どうやら「呼吸困難」にでもならないと、

残念ながら、

「早急的に病院に連れて行ってもらう事は、出来ないようです。」

 

ICU(集中治療室)に入ったとしても、人工呼吸器が足りなくなり始めている様です。

スポンサーリンク

 

コロナウィルス・治療法について

初期症状者・無症状者は、ホテルや、

自宅での治療・経過観察のようです。

 

中程度の患者は、病院で入院しての治療のようです。

 

重症患者については、病院のICU(集中治療室)で、人工呼吸器を装着して、その他薬剤治療などをしながら、回復に向けての治療をしていますが、命の危険がある為、予断を許さない状態になっています。

スポンサーリンク

 

コロナになりやすい人とは?

まず、高齢者が言えるようです。

 

次には、糖尿病や、がん患者、肺気腫の方などです。

 

という事は、健康的な成人な人でも、

子供の時風邪や、その他、病気にかかりやすい人も、

コロナになりやすいと思います。

 

治療薬について

 

今は、まだコロナウイルス専用の薬はまだなく、

風邪薬や、インフルエンザなどの薬を投与しての、

治療となっており、急ピッチで薬を作成中ですが、

どの薬をかけあわせるか、その他いろいろな面で、

検討段階となっており、完成には、

時間がかかる様です。

 

スポンサーリンク

最後に(この記事のまとめ)

いかがでしたでしょうか?

コロナ症状の「まとめ的な記事になってしまったかなあ」

というのが、感想なんですが・・・。

 

あれ、「コロナかなあ」

と思ったら、すぐ病院に行って、

適格に診断ができ、

適格な治療が出来るようになって欲しいですね。

 

自分も含め、皆さんも、

「明日は我が身」

という気持ちで、

出かける時には、

「コロナにかからない為には」

「もし、コロナになったら」

という事を考えながら、行動をするしかないようですね。

 

長期戦で構えるしかないようです。

 

また気が付いた点があれば、

この記事の訂正や、

記事を新たに作って、

皆さんに見ていただきたいと思っています。

 

という事で、今回はここまでです。

今回も、お付き合いいただき、

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です