ためになる健康記事 血管に関する記事

血管の老化はいつからか?「血管のメカニズム」にも取り上げる。

Pocket
LINEで送る

皆さん、こんにちは。

いかが、お過ごしでしょうか?

 

新しい記事を作るのも、

しばらくですが、

 

「コロナ」よる影響で、

外出自粛の為、

皆さん運動不足ではないかと思います。

 

さて、今回からは、

「血管」

をテーマに、いろいろな視点から、

取り上げていきたいと思っています。

 

「欠陥」

ではありませんので、

よろしくお願いします。

 

少しでも、皆さんの為になる情報を

お伝えしたいと思いますので、

是非最後まで、お付き合いくださいね。

 

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

血管の役割とは

おおざっぱには、皆さんご理解の事とと思いますが、

血管とは、大きく分けて、

「動脈」血液を心臓から体のに各部へ運ぶ血管

「毛細血管」は、血液を運びつつ、酸素や栄養素を各所の細胞に届けて、

変わりに二酸化炭素や老廃物を回収して静脈へと受け渡すものです。

「静脈」は、毛細血管から発生した静脈血を心臓に送る為に使われる血管

 

 

いいかえれば、毛細血管とは、

動脈と静脈との間をつないでいます。

 

毛細血管の5つの働き

1.全身の細胞に酵素を届け、細胞から二酸化炭素を回収する

2.細胞から老廃物を回収する

3.ウイルスや細菌の侵入を防ぐ免疫細胞を必要な場所に運ぶ

4.体に必要な情報を伝えるホルモンを運ぶ

5.体温を一定に保つ

 

という事で、本題に入る前に、重要な事を述べさせていただきましたが・・・。

それでは、次には、本題の部分に入ります。

 

このまま、お付き合いくださいね。

スポンサーリンク

 

「血管の老化」について

血液の老化は、20代を過ぎてから

減り始め、40代には血液の老化は

加速していき、60代になると、

20代の頃より、4割も減ってしまうそうです。

 

 

毛細血管がゴースト化するとどうなるか

 

 1.毛細血管のゴースト化

 

 2.毛細血管の減少

 

  3.細胞に酵素や栄養素が行き渡らず、老廃物の回収も出来ずにいる。

 

  4.これにより、自覚症状として、

          様々な重篤な病気を引き起こす。

・重要な臓器の不調 

 

・リンパの流れが悪くなり、免疫力が低下又は、

    動脈硬化の進行により、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こす。

 

 

スポンサーリンク

最後に(この記事のまとめ)

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、血管の役割と、老化するとどうなるか?

という事に取り上げましたが、

 

知っていた方、知らなかった方、

様々おられると思いますが、

貴方様は、この記事を読んで、

いかが思いましたでしょうか?

 

きっと、大部分の方は、こう思うはずです。

 

血管の老化を防いだり、自分の血管を高める方法はないか?

こうなると思いますが、

ご心配しなくていいですよ。

 

その方法は・・・。

この次のお楽しみとします。

 

という事で、次の記事を、

お待ちくださいね。

 

今回も、最後までお付き合いいただき、

ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です